売れるアクセサリーを作る

最初に問題になってくるのは、恐らく著作権の問題です。
最初に申し上げましたが、ハンドメイドの本に載っているデザインをそのまま使えば、当然著作権違反です。
自作と表示すれば勿論問題ですし、販売も犯罪となります。
つまりハンドメイドの本で作り方を覚えたとしても、自分でアレンジなどしてデザインを変更し、全く新しいものとして作らなくてはなりません。
これはネットショップとしてだろうと、店舗をもって販売するのだろうと同じなので気をつけましょう。
フリーマーケットでも同じです。
見た人が欲しいと思うような商品を作るのは、実際とても難しいことです。
既にある作り方をアレンジするのもたいへんですが、ハンドメイド作家となっていくのであれば必要なことです。
編み物などの経験があれば、ビーズアクセサリーなどのアレンジはそれほど苦労しないかも知れませんね。
シルバークレイの指輪や装飾品を作るのなら、それなりのレベルに達した商品を作れないとかなり厳しいと思います。
粘土遊びの延長ではおよそ売れないからです。
金属加工が必要なものも含め、金具の留め方や端の処理の仕方など、注意すべき点はたくさんあります。
すぐに壊れてしまうような強度では商品にはなりません。
自分で使うものやお友達にあげるためのものとは、格段に違う意識が必要になってくることを忘れないようにしましょう。
あくまでも大切なのはオリジナリティと、人を惹きつける魅力、商品に足る強度です。
Search
Copyright (C)2017売れるショップづくり☆自作アクセサリーの売り込み方.All rights reserved.